すずしんろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

卓球のラバーの種類(裏・表・粒高・アンチ)とその特徴

time 2017/01/11

Tag:

卓球

こんにちは、すずしんです。

今回の記事では、卓球ラバー種類とその特徴について書いてみようと思います。
卓球に興味がある方の参考になれば幸いです。

裏ソフトラバー

裏ソフトラバーは、現在の卓球で最もポピュラーなラバーの種類です。
卓球のラバーの中では、初心者でもなじみやすい種類になります。

裏ソフトラバーは、表面が平らなシートになっています。
ボールを摩擦する力が強く回転性能が高いため、威力のあるボールを出すことが可能です。

回転性能が高いという事は、逆に相手の回転の影響も受けやすいという事です。
ボールを打ち返す時には、しっかりと相手の回転の影響も考慮してやる必要がありますね。

裏ソフトラバーと言っても、ハイテンション・高弾性・粘着性などといった種類があります。
それらによっても特徴が変わってきます。
あなたに合った裏ソフトラバーを選びましょう。

威力と回転を重視する場合には、裏ソフトラバーが最適です。
また、初心者の方もまずは裏ソフトラバーから始めるのが良いと思います。

表ソフトラバー

表ソフトラバーは、裏ソフトラバーの次に利用する方が多いラバーの種類です。
ラバーの表面には小さな粒が並んでいます。

表ソフトラバーの最大の特徴は、その球離れの良さです。
球離れが速いことで、初速の速いボールを出すことができます。

また、相手からの回転の影響を受けにくいというのも特徴です。
逆に言えば、こちらから回転をかけるのも裏ソフトより難しくなります。

表ソフトラバーは、前陣でスピード重視で攻めていくプレイスタイルの方におすすめですね。

粒高ラバー

粒高ラバーは、表ソフトの粒をさらに高くしたラバーです。
細長い粒がずらっと表面に並んでいます。

粒高ラバーの特徴としては、相手の回転の影響をほとんど受けないという事です。
表ソフトよりもさらに受けにくくなっています。
そのため、比較的レシーブがしやすいです。

粒高ラバーで返球したボールは、相手の回転とは逆の回転がかかります。
つまり、下回転ならナックル回転や上回転、右回転なら左回転といった具合です。
対戦相手としては、回転が逆になってくるので返球が大変になります。

粒高ラバーは、その回転の変化を利用してプレイするスタイルに向いています。
具体的には、異質攻撃型、カットマンによく使われます。

アンチスピンラバー

アンチスピンラバーは、回転の影響を受けない裏ソフトラバーです。
表面に特殊な加工が施されていてツルツルになっています。

裏ソフトラバーですが摩擦力が全くありませんので…。
こちらから回転をかけることができませんし、相手からの回転の影響も受けません。

現在の卓球では、アンチスピンラバーを使う人はほとんどいません。

ひとこと

卓球には色々な種類のラバーがあって迷いますよね。
それぞれのラバーの種類の特徴をつかんで、自分に合ったラバーを選択してくださいね。
初心者の方は、とりあえず裏ソフトラバーを選ぶのが良いと思いますよ。

follow us in feedly

down

コメントする




ファッション

プロフィール

鈴木俊吾(すずしん)

鈴木俊吾(すずしん)

大学卒業後、公務員を目指して試験に合格するも何故か辞退。その後は無職のまま特に何もない無駄な日々を過ごす。その内に精神状態がおかしくなり統合失調症を発症。今までに4度の入院を経験。ただいま絶賛人生のどん底を経験中。そんな私ですが、現在はフリーランスのプログラマーを目指して勉強を進めています。これまでにいくつかのアプリを公開しています。このブログは、人生大逆転を目指して奮闘する私の成長日記(?)です。どうか温かく見守って頂けるとありがたいです。 [詳細]

PR

広告枠
広告枠

ただいま広告を募集しています。
詳しくは以下のリンク先を参照してください。

アーカイブ



ブログ村ランキング